いわむロックFESTIVAL2018

世代を問わず、
老若男女が楽しめる音楽フェスティバル
「いわむロック」

アーティスト、クリエイター、出店ブースが
総勢60組以上集結。
ワクワクする体験をギュッと詰め込んだ
田園都市型の新しいフェスです。

新潟に所縁の深い若者が集い
その多くを地域住民や県内企業で応援し
ともに盛り上がっていく事を
コンセプトにしています。

入場無料にしている理由も
県内外から集う多くの才能を
それぞれ自由に触れ合い感じて欲しいから。

頑張る人をみんなで楽しみながら応援する。
心暖かい温泉街の人々とその魅力を
もっと知って欲しい。

沢山の想いを詰め込んで
今年もいわむロックFESTIVALが
新潟をムーブします。

Topix

7月20日…【第一弾】出演アーティスト発表!

7月20日…いわむロック2018 ホームページ公開しました!

新潟出身、在住
もしくは長年県外から通い続けてくれている
ミュージシャンが出演。

新潟ならではの風土や人に触れ
新潟や岩室温泉の魅力を
愛してくれる人ばかり。

「音楽で温まろう」その言葉の通り
みんなを笑顔にするために
岩室を音楽でいっぱいにします。

音速ライン

Vo&G 藤井敬之 ( フジイヨシユキ ) Bass 大久保剛 ( オオクボタケシ ) 2003 年結成。現在、藤井、大久保が中心となり活動。数々の楽曲タイアップ、多くのツアー を実施、様々な音楽フェス等に出演を果たすロックバンド。その幅広い楽曲に定評が あり、現在結成 15 周年を掲げ精力的に活動中。

琴音

新潟県長岡市出身の高校2年生16歳のギター弾き語りシンガーソングライター。あどけなさと、透き通る歌声が紡ぐ詞の世界観が魅力。2018年テレビ朝日「今夜、誕生!音楽チャンプ」グランドチャンプ。「Eggs presents ワン!チャン!! 」グランプリを獲得。3月17日幕張メッセで開催された「ビクターロック祭2018」にて、オリジナルソング「願い」「音色」を披露。7月にファーストミニアルバム「願い」をリリース。

岡村翼

テレビ新潟TeNY「夕方ワイド新潟一番」番組テーマソングを担当中。ライブハウス、各種イベント、小中学校の訪問演奏など、幅広い場面で演奏活動を行う。岩室観光施設いわむろやで、2017年5月から岩室の観光、まち作りにも携わっている。静寂を奏でるピアノと、優しく力強い歌声で、心にそっと寄り添う言葉を届けている。

杉本ラララ

天使の囁きから悪魔の叫びまでラララと歌う孤高すぎるシンガー 杉本ラララ。 NHK「釣りびと万歳」番組テーマ曲をはじめ、フジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」、テレビ朝日系「よくばりウドちゃん」、AbemaTV「原宿アベニュー」、テレビ埼玉「マチコミ」エンディングテーマなどを作詞作曲。 紅白出場を目指して活動中。

もりきこ

横浜市鶴見区出身、幼馴染みのDANNYとJUNNYによるビンテージロックデュオ。 声質もキャラクターも異なる2人が織り成す変幻自在のハーモニーとグルーヴィーなライヴパフォーマンスでハッピーなライヴ空間を演出。 今年で結成20周年を迎えるにあたり20周年記念のフルアルバムをリリース、全国ツアーを展開中。

岩船ひろき

埼玉県さいたま市出身在住。埼玉を拠点に、東京・新潟・福島いわき・仙台を中心に活動中。地元ラジオ局87.3FM REDS WAVEでレギュラー番組を担当。2014年、スガシカオ氏のオープニングアクトをつとめる。2014年初の全国盤CDを発売し、全国5都市でのワンマンライブツアーを成功させる。2018年8月26日に新作ミニアルバムを発売。11月にはツアー新潟編として、新潟GOLDENPIGSにてワンマンライブが決定。

シロとクロ

2015年に結成されたスリーピース歌モノギターロックバンド。 切ない歌詞をキャッチーなメロディに乗せた楽曲を武器に、都内を中心に勢力的に活動中。 ベース「旭」、ギターボーカル「ひの」、ドラム「千樹」。2017年「RO JACK for COUNTDOWN JAPAN17/18」にて、応募総数約1000組のバンドの中から22組に選出され入賞。2018円5月23日、1st mini album 「夜の隙間で」リリース。

鈴木恵TRIO

2007年、バンド「EXTENSION58」の鈴木がソロプロジェクトとして立ち上げた3声コーラスグループ。ソフトロック~バブルガムポップ~モータウンの「世界中のありとあらゆるキラキラでウキウキなスウィートミュージック」に西海岸風コーラスワークをドリーミーにブレンド、それを和製極上ポップへと昇華させるのが彼らの魅力。歌を愛し、ビートに恋する、愉快でクールな3人組。 地元新潟の人気アイドルグループ「RYUTist」のアルバム「日本海夕日ライン」(2016/08/02発売)にも楽曲を提供。

GOOD BYE APRIL

“現代版ニューミュージック” 2011年東京で結成。 情景を切り取るような郷愁を感じさせる楽曲と、ワン&オンリーといわれる倉品翔のボーカル。 また倉品と延本によるそれぞれの個性を持った歌詞、確かなバンドアンサンブルと飾らないMCで魅せるライブも魅力。 ニューミュージックや大瀧詠一、小田和正などの古き良きポップスをも血肉にした、世代も時代も問わないエヴァーグリーンなその音楽は、幅広い支持を獲得しつつある。

Earls Court

UKロックを敬愛する日本人5人組。 UKロック、アイリッシュ、オリエンタルなどの多国籍な音像を、日本語の歌でまとめ上げる。 1度見聴きすれば、そこにはEarls Courtというひとつの像しかない。 次に何が飛び出すのか、常に思いを馳せてしまう色彩豊かなバンド¬。 2017年9月4th mini album「Do! Darling! Do!」リリース。

TRY TRY NIICHE

2015年7月に活動開始。繊細なピアノと透明感のある歌声、それに相対し荒々しく響くギターがまじりあい独自の音楽を創り出す。どのジャンルにも属さない音楽性、あるようでなかった『新しいピアノロック』を最大の武器とし、活動開始直後から大きな注目を集める。これまでに「FLOWERING」「NEWTRAL」の2枚のアルバムをSPACE SHOWER MUSICよりリリース。

GLIDER

埼玉県本庄市出身。2011年結成。過去にファーストアルバム「Glide & Slide」(2014年)セカンドアルバム「STAGE FLIGHT」(2016年)サードアルバム「Dark Ⅱ Rhythm」(2018年)を発表。全国各地のラジオ局でパワープレイを獲得、ライブツアー&多方面のイベントに出演するなど、様々な反響を呼ぶ。ライブ、レコーディングの他、各種メディア出演、イベントの企画、音楽スタジオ「Studio Dig」の運営など、幅広く活動を続けている。レコードレーベル「けや木レコード」主宰。

andare

優しく、大きく、高らかに歌うピアノ・ヴォーカル国吉亜耶子と、それを見守るように強く、時には優しく、どっしりとしたドラムで支える西川真吾の2人組。一生懸命演奏させて頂きます。

YKJ

埼玉県川口市出身・在住の二人組 J-Pop バンド。 弾き語り、叩きハモる二人からメッセージを込めた歌を届けている。 ACO=Acoustic Guitar STICK=Drum Stick ACO/STICKと名付けたアコギ+ドラムの編成で、新しいJ-POPを表現している。 2018年は、新潟に通ってライブをするようになって10周年にあたり、 6月には岩室にて無料のワンマンライブを開催、そして12月24日には古町GOLDENPIGSにてワンマンライブの開催が決定している。

ハマノヒロチカ

1999年、竹原ピストルと共に「野狐禅」を結成、鍵盤を担当。 2009年、野狐禅解散と共に、弾き語りでの活動を開始。 夢と後悔の狭間で必死に燃やす歌が、夢を追う大人たちの胸にじんわりと温度を残し、絶大な支持を受ける。 楽曲提供や映画音楽など、作曲家としての活動の幅を拡げ、サポートミュージシャンとしても、多くのミュージシャンのライブやレコーディングに参加。 ツアーの傍らカレーを食べ歩き続け、カレー評論家としても活躍中。 2018年、2ndアルバム「Wonderful World」リリース。

key:

新潟県出身富山県在住のシンガー。 誰もが感じたことのある劣等感、寂しがりやの焦燥感。 細く儚い歌声なのに何処か温もりを感じ、何故か穏やかな気持ちにさせてくれます。 6月岩室温泉で開催の「蛍と野外コンサート」にて初披露した、バンドセットのステージを、いわむロックでもお届けします!

the cheesecakes

ドラマー平野翔也のソロプロジェクト。 音楽一家に生まれる。3歳からピアノを習い、14歳から独学でドラムを始める。高校卒業後アメリカの名門バークリー音楽院に留学。帰国後はドラマーとして数々のライブ、レコーディングに参加。ドラムの他にも様々な楽器を演奏し、ベーシストとしてはメジャーアーティストのサポートとして武道館にも出演。その他テレビ、ラジオ、大型ロックフェスのテーマソング、CM、ジングルなども手掛け、多方面で活躍中。

原生真

日常のハチャメチャを音楽に全部詰め込んだ、キャッチーソングが貴方の心を鷲掴み!笑いあり涙あり。人情系シンガーソングライター原生真を一緒に体感してみて下さい!2017年9月24日1stミニアルバム『生きる』リリース。2018年2月25日2ndミニアルバム『真っすぐ』リリース。GOLDENPIGSにてリリースライブ開催。7月28日1stシングル「わたる」リリース。

吉井ミキ

新潟県小千谷市出身のシンガーソングライター。2015年 第11回古町音楽祭グランプリ。物心ついたときからいろんな楽器と共に育ち、気づけばギターを抱えて歌を歌う人に。今までに3枚のCDを発売し、県内県外会場問わず全国各地様々なところで自分の音楽を鳴らしている。様々な音楽をルーツに持ち、単なるポップスに収まらない音楽性と独自の世界観を紡ぎ出す。 本人的には声と歌詞が持ち味です。2017年3月2ndミニアルバム「ピルエット」リリース。

真島梓

新潟市出身。ピアノ弾き語りシンガーソングライター。 ​ 「オシャレ×ポップ」がコンセプト。 高校卒業後3年間ロサンゼルスへ音楽留学。 そこで触れたジャズやブルース等の洋楽テイストとJ-POPの親しみやすさを融合させた音楽スタイルで、新潟市を中心に全国にも、ライブ活動を展開中。 2017年発売のアルバム「POP AVENUE」収録曲「生きてく」は、UX新潟テレビ21「炎の天狐トチオンガーセブン」挿入歌に採用された。

市川淳之介

新潟県三条市出身のシンガーソングライター。自身が主催する弾き語りイベント「月一歌会」は100回を超えて尚、開催され続けている。ソロ弾き語りと並行し、市川淳之介BANDとしても全国各地で活動する傍ら、舞台役者としても活躍中。普段はカレーキッチンPandoraというカレー屋の代表を務め、オリジナルのスパイスカレーを作っています。今年のいわむロックはソロ弾き語りにて出演。愛をメロディに乗せて叫びます。

まつうらゆか

現在大学一年生。都内で音楽活動を行っております。高校2年生の時に本格的に路上ライブや箱ライブをはじめとしてオリジナル曲でのライブを主に活動していました。自分の生活の中で大切なことや忘れられない気持ちなどを曲にしています。

無為の所為

単身でアコースティックギターの弾き語りをしている。1993年新潟県生まれ新潟県育ち。大学進学とともに上京し、秦基博に憧れてギターを始める。大切なものを失った喪失感や人との別れの寂しさを歌にしている。

前田大志

シンガーソングライター。 SonyMusic主催の『閃光ライオット2013』では10,000組から40組に残り東京予選へ。 これまでにフルアルバム1枚、シングル1枚、弾き語りアルバム3枚をリリース。 2018年6月より、5カ月連続でシングルを無料配信開始。

新谷隼平

青森県五所川原市出身 孤独を愛するうたうたい。 東京、地元五所川原を中心に活動中。 地元五所川原では音楽、飲食など多ジャンルをからなる五所川原が誇るイベントを目指して、五所川原の音楽フェス「やってまれフェスティバル」の立ち上げに力を注いでいる。2017年11月 3rd mini album「この世界は悪意と絶望で出来ている」全国リリース。

小口美弥子

小口美弥子。新潟県出身、東京在住シンガーソングライター。 日常で感じる繊細な心情を丁寧に歌で語る。 新潟、東京を中心に活動中。 2017年12月3日「643」をリリース。

タカノトモノリ

新潟県新潟市出身のシンガーソングライター、歌の他に詩の朗読や、絵本の読み聞かせライブ等幅広く活動中。2017年より拠点を関東に移し2018年10月27日(土)に高田馬場 四谷天窓にて東京初ワンマンライブ開催決定!!心に寄り添う優しい言葉の数々。

小関峻

宮城県白石市出身のシンガーソングライター。 フォークを基盤としたメロディに独自の世界観から紡ぎだされる言葉を乗せたその歌は切なくも温かい。唯一無二のハスキーなハイトーンボイスは聞くものを魅了する。現在、東京、仙台を中心に活動の拠点を広げ、着実にその名を広めている。

齋藤尚也

新潟県燕市在住のシンガーソングライター 90年代のポップス、ロックに影響を受けたオリジナル曲でライブハウス、カフェ、イベント、路上と場所を選ばず活動中。 「三条音撃同盟限界トパーズ」のメンバーとして舞台役者としても活動し、7月には「劇団ハンニャーズ」の第36弾公演「宿木小虎の観測点B」に客演予定。

稲葉一良

埼玉県川越市出身。主にベーシスト、プロデューサーとして活動する傍ら、ウクレレプレイヤーとしても活動。世界最大規模のウクレレイベント「ウクレレピクニック」には、2015年より毎年出演。ウクレレ会のビックネーム達と共にレアレアステージ(国内最大手の ウクレレメーカーキワヤ商会が主催)の大トリを努めるなどしている。被災地にウクレレを届けようというコンセプトである、日本ウクレレ協会後援のウクレレ大使の活動のサポートも行っている。

遠田有平

新潟県十日町市出身。中学生のことからクラシックピアノを習い、作詞作曲を始めた。現在は地元新潟や関東を中心に、ピアノ弾き語りでライブ活動を行っている。感情で歌い上げるライブは、圧倒的個性の世界を作り出す。

灯台motor crisis

見落としてませんか!?あなたのそばにある音楽。派手なことはできませんが、繰り返される日常を少しだけファンタジックにできるような音楽を作っております。歌のお姉さん「ちえみん」、伴奏の先生「soraちゃん」、フリースタイル「Mr.J」の三人で活動してます。

フェスと言えば楽しみなのが出店ブース。

バリエーションに富んだフードメニューはもちろん

夢ある若手クリエイターによる

ものづくりを中心としたワークショップも!

新潟全域から選りすぐりのブースが集結します。
もちろん地元岩室のお店も出店し
バリエーションに富んだ
フードメニューをご提供します。
美味しいご飯で、心もお腹も満たしましょう。

いわむロックは
夢ある若手クリエイターの活動を応援しています。
ものづくりを中心とした
体験ブースが複数設置され
ワークショップも開催されます。
興味のあるブースへの参加はもちろん、
いわむロックの想い出作りとして
是非ご参加下さい。

毎年人気の「いわむロックTシャツ」

ステッカー、缶バッチなどをご用意。

みんなでグッズを身につけて

いわむロック色に染まろう!

今年もバスツアーを開催致します!
アーティストと一緒にバスの中からいわむロック!

池袋⇆岩室温泉の間を走るバスを運行します。

出演アーティストも同乗して
わいわい楽しく岩室温泉へ。

参加者限定のノベルティや
体験も目白押し。

いわむロックに向かって
一緒に盛り上がりましょう!

日程

9月23日(日)・24日(月祝)

会場

岩室温泉
(岩室観光施設いわむろや)
MAP

時間
open 10:00
start 10:30
close 18:00
入場無料

当イベントは、皆様からのご支援で成り立っています。ご来場の際は会場内でのカンパのご協力をお願いします。

Time Table

COMING SOON!

主催
いわむロックFESTIVAL
実行委員会

共催
NPO法人いわむろや

特別協力
NEXCO東日本

協力
おらってにいがた市民エネルギー協議会
NIIGATA MUSIC LABORATORY

企画制作
MUSIC DROP